ホームへ戻る >> お役立ち記事 >> プロが教える「おそうじのコツ」 Vol.1

プロが教える「おそうじのコツ」 Vol.2


お掃除のお手伝い

 私たちは、高崎市を中心に個人宅へ訪問し、掃除・洗濯・食事といった家事の困ったをお手伝いさせて頂いております。スタッフは「家事プロキャスト」と呼ばれ、家事のスペシャリスト集団が「ミセスハート」なのです。
 さて、これから毎日、ジメジメとうっとうしい梅雨がやってきます。梅雨は高温多湿なため、カビの発生も加速されます。食べ物はもちろん、家の中にもカビは発生しています。
 今回は、すこしでも家の中のカビの発生を抑えるアドバイスをさせていただきます。

 カビは、「温度・湿度・空気・養分」があって繁殖します。温度が適温でも乾燥していればカビはあまり発生しません。とにかく換気をよくして湿気を取り除くことが一番大切になります。

お掃除方法

 浴室は、栄養分となるせっけんカスを残さないことが大切です。お風呂を使用した後、最後にシャワーで壁や床、蛇口などに付着した汚れを洗い流し、タオルなどで水滴を拭き取ってください。その後、窓を開け換気扇を回し、湿気がこもらないようにしましょう。

 台所では、料理をする際、必ず換気扇を回しましょう。お湯を沸かす時も同様です。ちょっとだからといって、油断をしてはいけません。また、見落としがちなのはスポンジ。使用した後はよく水を切っておいてください。湿度を上げるだけでなく、雑菌の巣になります。まな板と同様スポンジも定期的に日光消毒などを心がけましょう。洗い桶の水も必ず捨てる習慣をつけましょう。

 押入れの中も湿度が高くなりやすいので注意が必要です。、底と壁にすのこを引き、時々、扇風機の風を当て空気の流れをつくって湿気を逃がしてください。

 また、梅雨時いちばん困るのは洗濯物。家の中に洗濯物を干すのは、湿度が10%上がると報告されていますので基本禁止です。しかし、どうしても家の中に洗濯物を干すときは、エアコンの除湿機能をオンにするか、除湿器を使用してください。
 特に肝心なのが梅雨の時期は、こまめに掃除をして栄養分となるほこりなどを取り除くことです。また、掃除をすることで、発生してしまったカビを早期に発見し取り除くことができます。家具なども壁から5センチくらい離して置くことで、風通しもよくなりますし、掃除もしやすくなります。ぜひ実践してみてください。

 利用者のみなさんの暮らしに寄り添って、まるで家族のような存在でありたいとスタッフ一同、日々取り組んでおります。子供が生まれたばかりで思ったように家事がはかどらないなどで、自分を責めてはいませんか。少しの間なのです。育児に慣れるまで無理せず、家事を少し手伝ってもらい、明るい笑顔で子供に接するほうが重要です。
 家事で困ったときは、ぜひ「ミセスハート」にご相談ください。

■情報提供
 ミセスハート  岡田 幸子
 Tel.0120-374-801

▲このページのトップへ